アジア最大級の品揃えを誇るベストケンコー

海外の医薬品を個人輸入したいと思っても、英語や税関などいくつかの関門がありなかなか上手く行かないものです。
薬が届かない、望んでいた薬と違う物が送られて来た、料金の精算が間違っている等、トラブルが発生したときに対処のしようが難しいからです。
個人で輸入するのが困難なときは、信頼のできる個人輸入代行業者に任せてしまうのはいかがでしょうか。
その信頼できる業者がこれから紹介するベストケンコーです。
ベストケンコーは、個人輸入代行ショップですが、サイトを見ると医薬品の通信販売をしているように見えます。
私たち利用者は、通販のネットショッピングを行っている感覚でお薬を注文すればよく、精算もクレジットカードで行えば済みます。
面倒なことは全くありません。
気になる商品の量ですが、アジア最大級の品揃えを誇っているだけあって、実に豊富なラインアップです。
特に国内では安価に入手するのが難しいバイアグラ、シアリス、レビトラなどのED治療薬が格安で販売されているのが魅力です。
これらのED治療薬には、さらに安価なジェネリック医薬品があり、ベストケンコーではもちろん取り扱っています。
ナイトライフを充実させたい人にとっては、コストダウンを図る意味で福音のショップと言えるでしょう。
ちなみにジェネリック医薬品とは、特許が切れた薬を後発のメーカーが同一製法で作成して同一成分になるように作った薬のことで、先発の薬と効果が同じな上、開発費がかからない分、安価になっているのが特徴です。
最近は日本のドラッグストアでも有名な頭痛薬のジェネリック医薬品が販売されて私たちは安価に手に入れることができます。
また医療費の負担に悩んでいる政府は、病院で処方する薬をなるべくジェネリック医薬品にするよう推奨しています。
さて、もう一つ気になるのが、販売されている薬の質になります。
せっかく安価に手に入れても薬がまがい物ならば意味がありません。
その点、ベストケンコーは、シンガポールを拠点にして医薬品ライセンスを保持した薬剤師さんが厳しいチェックを行っています。
そのため販売している商品は100%本物であると言いきることができます。
質量ともに満足できると思います。
それでは、商品はどのようにして発送しているのでしょうか?
利用者の元に間違いなく届くのか、これも気になるところです。
ベストケンコーは、国際書留を活用して、薬を利用者の元へ発送しています。
国際書留には追跡サービスがありますので、薬がどこまで到達しているかいつでも確認することができます。
また、プライバシーにも十分配意しているため、郵便局留めにすることも可能です。
発送は拠点のあるシンガポール、またはジェネリック医薬品の本場インドからになりますが、確実に利用者の元に届くシステムをとっています。
最後に個人輸入の注意点ですが、日本国内では販売されていない薬も取り扱っていますので、自己責任と正しい理解の上、自分が使用する目的で購入してください。

Comments are closed.